いろいろなハラスメントとその対策

ハラスメントとは、判断が難しいことですが、基本的には相手が不快感を持ったり、人権を侵害されたと感じるような行動がされた場合にはハラスメントということになります。

ハラスメントと聞くと多くの人が想像するのがセクシュアルハラスメントというものです。これは自分の言うことや行動で性的な圧力のようなものを与えて、不快感を感じさせるもので、精神的、肉体的な苦痛を与えてしまいます。性的なそうした言動は性の話を大きく話題として取り上げたり、冗談をいったりすることや、職場などで執拗に食事やデートに誘うということ、体を不必要に触ったりすることなどで行われることが多いのです。

さらに、別のハラスメントとしてはパワーハラスメントというものがあります。これは仕事上での立場や権威を利用して特定の相手をいじめたり、恥じをかかせるようなこともすることなどです。

どちらも厄介であり、対処が難しいものですが、自分を守るために最善を尽くしたいものです。ある場合には勇気を持ってはっきりした態度をとることも必要になります。。ハラスメント研修「HOP」 セクハラ・パワハラ・メンタルヘルス対策で働きやすい職場づくり

ハラスメントは精神的な苦痛を相手に与える行為です

近年では、ハラスメント行為があちこちで問題として取り上げられることが多くなってきましたが、ハラスメントとは具体的にはどのような行為なのでしょうか?

ハラスメントとは、本人が意図しなくても他人を不快な気持ちにさせてしまう行為のことを指します。

ハラスメントの種類は、パワーハラスメントやセクシャルハラスメント・アカデミックハラスメントなど、さまざまなものがありますが、一般でよく使われるのはセクシャルハラスメント(セクハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)行為です。

一般の会社内でよく行われているのも、このセクハラとパワハラですが、セクハラは何も女性に向けてのことだけではありません。例えば上司が「男のくせに自分の仕事に対しての根性がない」「女には大切な仕事はさせられない」など、性差別をすることも立派なセクハラに該当しますし、パワハラは「お前は学歴が低いからこんな失敗をする」などの否定型や、仕事に対する情報をわざと与えないこともパワハラになります。

ハラスメントは、不快になる発言をした本人に意図はなくても、相手が嫌な気持ちになったり、精神的・肉体的な苦痛を感じた状態を楽しんだ時点でハラスメントに該当します。